特別永住者の制度が変わります

2012年7月9日から特別永住者の制度が変わります。


「特別永住者証明書」が交付されます

 •「外国人登録証明書」が廃止され,「特別永住者証明書」が交付されます。

 

*原則として,交付される場所は従来どおり市区町村の窓口です。

※市区町村の窓口へ住居地に関する届出にお越しの際は,必ず特別永住者証明書を持参してください。

 

•現在お持ちの外国人登録証明書は,施行日(2012年7月9日(月))以降の一定期間は特別永住者証明書とみなされますので,その一定期間内に特別永住者証明書に切り替える手続をしていただくこととなります。  

•特別永住者証明書の交付対象となる方は,改正された住民基本台帳法に基づき,お住まいの市区町村で住民票が作成されますので,これまでの登録原票記載事項証明書に代わる証明書として,市区町村の窓口で住民票の写しを受けることができるようになります。


再入国許可の制度が変わります

 「みなし再入国許可」が導入されます

 

 有効な旅券及び特別永住者証明書を所持する特別永住者の方が,出国の際に,出国後2年以内に再入国する意図を表明する場合は,原則として再入国許可を受ける必要がなくなります(この制度を「みなし再入国許可」といいます。)。

 

※みなし再入国許可により出国した場合,その有効期間を海外で延長することはできません。出国後2年以内に再入国しないと特別永住者の 地位が失われることになりますので,注意してください。


再入国許可の有効期間の上限が「6年」になります

 

 施行日後(2012年7月9日以降)に許可される再入国許可は,有効期間の上限が「4年」から「6年」に伸長されます。


Q&A

 みなし再入国許可で出国してから海外で特別永住者証明書を紛失してしまった場合どのようにすればよいですか。特別永住者証明書がないと入国手続の際に支障がありますか。

 

 みなし再入国許可により再入国する際には特別永住者証明書の所持を要件としていないため,本邦から出国している間に特別永住者証明書を紛失した場合であっても,みなし再入国許可による再入国自体は可能です。再入国後は速やかにお住まいの市区町村で再交付の手続を受けてください。
なお,海外から本邦へ戻る際の航空機の搭乗手続等において,本邦での在留資格を証明する必要がある場合の手続については検討中です。

 
 特別永住者のみなし再入国許可の有効期間である2年を経過して再入国するときは,どのような手続が必要ですか。

 

 みなし再入国許可により出国した特別永住者の方が,出国の日から2年を経過した後に入国しようとするときは,新規の上陸許可を受けなければなりません。また,再入国許可を受けて出国した方のように,出国中に再入国許可の有効期間を延長することはできません。

 
 みなし再入国許可の有効期間を過ぎて入国した場合,特別永住者でなくなりますか。

 

 みなし再入国許可の有効期間(出国の日から2年)を経過すると,特別永住者の地位をもって再入国することはできません。入管法に基づいて上陸申請をすることになりますが,この場合に,特別永住者の地位を得ることはできません。


 私は特別永住者ですが,自動化ゲートの利用について,再入国許可を受けなくても利用希望者登録ができるようになりますか。 また,みなし再入国の許可の制度を利用できる場合,複数回利用は可能ですか。

 

 みなし再入国許可により出国するときは,再入国許可を受けなくても自動化ゲートの利用希望者登録ができます。その手続については法務省令で定めていますが,利用希望者登録の際に提示した旅券や特別永住者証明書が失効するなどの事由により,当局が保管する記録が消去されるまでは自動化ゲートが利用できます。

 
 特別永住者は外国人登録証から特別永住者証明書に変わり,常時携帯義務がなくなると聞きました。そうなると,家に保管する場合が多くなり,海外へ出国するときも携帯を忘れそうです。みなし再入国許可制度は有効な旅券と在留カードがないとみなし再入国許可としての出国ができないそうですが,特別永住者の場合もこれらを携帯していないときは再入国許可を取得してから出国することになるのですか。

 

 法律上,特別永住者の方がみなし再入国許可により出国する意図を表明される場合,有効な旅券と特別永住者証明書を所持する方に限定しています。出国確認の際には,旅券と特別永住者証明書を提示していただくことになりますので,みなし再入国許可を希望する場合には必ず同証明書を携帯するようにしてください。
なお,出国確認時に特別永住者証明書をお持ちでない場合は,再入国許可を取得していただくようご案内することになります。

 
 外国人登録証明書から特別永住者証明書に切り替えていない場合でも,みなし再入国許可による出国は可能ですか。

 

 改正法施行時に特別永住者の方が所持している外国人登録証明書は,一定の期間,特別永住者証明書にみなされることになるため,みなし再入国許可による出国が可能です。


特別永住者証明書

「特別永住者証明書」は,このようなカードです

 

  • 氏名については,アルファベット表記を原則としていますが,漢字(正字)表記を併記することができます。その場合,漢字表記に変更が生じた場合にも変更届出が必要となりますのでご注意ください。
  • 外国人登録証明書に記載されていた「通称名」については,特別永住者証明書には記載されません。

 

特別永住者証明書には「有効期間」があります。

有効期間
16歳以上の方:各種申請・届出後7回目の誕生日まで
(特別永住者証明書の更新をする場合には,更新前の有効期間満了日後の7回目の誕生日まで)16歳未満の方:16歳の誕生日まで


ご相談・ご依頼は

 

◆ 面談相談 ◆ 平日は20時まで、土曜日も対応できます。

 私どもは、必ずお客様とお会いし、お話をお伺いしてから受任いたします。
ご依頼の際にはお手数ですが、ご予約の上、事務所までお越しください。

名称 行政書士みなと国際事務所
代表者   行政書士(特定行政書士) 宮本哲也
所在地

〒231-0004

神奈川県横浜市中区元浜町3丁目21番地2 ヘリオス関内ビル7F

電話 045-222-8533 (月-金 10:00~18:00)
FAX 045-222-8547 (24時間受け付け)