帰化申請の専門家の選び方


帰化申請の専門家の選び方

 帰化申請の手続きのサポートを職業として行うことができるのは、弁護士、司法書士、行政書士に限られます(法律の規定により)。

 しかし、通常弁護士は帰化申請には関与しませんし、都市部の司法書士も帰化申請にほとんど関与しません。長期間を要し、業務処理が煩雑なため、敬遠されるのでしょう。

 また、行政書士は、個々の業務経験・知識に大きな差があり、それぞれ専門とする分野を有しているため、すべての行政書士が帰化申請のサポートを行う能力を持っているわけではありません。


専門家を選ぶ基準

  帰化申請手続きには通常、いくら位の手数料(業務報酬)が必要かご存知ですか?
 15万円から50万円が相場のようです。それぞれの方の事情によって報酬にばらつきがあるようです。そしてやはり、依頼者にとって一番気になるのが手数料の金額ではないでしょうか。
 しかしながら、ここで落とし穴があることに殆どの方が気付かないのです。

貴方は申請手続きを依頼される場合、何を重視し依頼されますか?
 ① 手数料(報酬)が安い事務所
 ② 自宅から近い事務所
上記項目のみで依頼される方は、非常に安易な選択をされたと言っても過言ではありません。

では、帰化申請手続きを専門家に依頼される場合、何が大切になるのかご説明しましょう。
 ① 無資格の業者や団体ではないか
   (帰化申請手続きの書類作成には行政書士・弁護士等の資格が必要です)
 ② 帰化申請手続きに精通しているか
   (行政書士の資格を有することはもちろん、帰化申請手続きの専門事務所かどうか)
 ③ 法律論を振りかざすだけでなく、希望に添えるアドバイスが期待できるか?
   (「100%大丈夫です」という言葉にも注意が必要です)
 ④ 申請書を提出して「はい、おしまい」ではなく、申請後のフォローは充分か?
   (特に、不許可・不交付になったときの対応、費用などについては必ず確認しましょう)

 ⑤ 事務所が存在するか 
   (まれに事務所が存在しない場合があります)
 ⑥ セキュリティは大丈夫か
   (個人の身分情報、犯歴、財産状況、会社の経営状況、戦略などをお預かりします)
 ⑦ 料金設定は明確か、妥当か
   (安いほうがいいでしょうが、極端に安いのは注意が必要です)
 以上の項目を全てチェックし、依頼される方は少ないのではないでしょうか。
 上記の条件を満たした上で初めて「手数料が安い」、「自宅から近い」等の条件が選択肢の一部となるのです。
  当事務所では、帰化申請手続きを、16万2000円(東京・横浜法務局管内の申請、会社員の方1名の場合。実費別。)にて、お受けいたしております。詳しくは「料金一覧」をご覧ください。

 もちろん、申請書類の作成のみならず、申請後のフォロー、許可取得後の手続きのアドバイスも行います。

 また、不幸にも帰化申請が不許可になった場合には、必要な対応をいたします。

 当事務所では、帰化申請書の作成から、日本国籍取得までの手続きのアドバイスまで、トータルでフォローアップいたします。どうぞ、安心して、ご依頼ください。

ご相談・ご依頼は

 

 ◆ 面談相談 ◆ 平日は20時まで、土曜日も対応できます。

 私どもは、必ずお客様とお会いし、お話をお伺いしてから受任いたします。
 ご依頼の際にはお手数ですが、ご予約の上、事務所までお越しください。

名称 行政書士みなと国際事務所
代表者   行政書士(特定行政書士) 宮本哲也
所在地

〒231-0004

神奈川県横浜市中区元浜町3丁目21番地2 ヘリオス関内ビル7F

電話 045-222-8533 (月-金 10:00~18:00)
FAX 045-222-8547 (24時間受け付け)

インターネットからの相談予約

クービック予約システムから予約する