日本国籍取得の要件

日本国籍取得の要件について

 日本国籍の取得の方法は、日本人の子として産まれた場合のほか、自分の意思で日本国籍を取得する「帰化申請」という方法があります。


日本国籍の取得について

 「どのような場合、日本国籍を取得できるのですか。」(国籍法抜粋)


 (出生による国籍の取得)

子は、次の場合には、日本国民とする。
一  出生の時に父又は母が日本国民であるとき。
二  出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であつたとき。
三  日本で生まれた場合において、父母がともに知れないとき、又は国籍を有しないとき。

(認知された子の国籍の取得) 

父又は母が認知した子で二十歳未満のもの(日本国民であつた者を除く。)は、認知をした父又は母が子の出生の時に日本国民であつた場合において、その父又は母が現に日本国民であるとき、又はその死亡の時に日本国民であつたときは、法務大臣に届け出ることによつて、日本の国籍を取得することができる。

2 前項の規定による届出をした者は、その届出の時に日本の国籍を取得する。


(帰化)
日本国民でない者(外国人)は、帰化によつて、日本の国籍を取得することができる。
2  帰化をするには、法務大臣の許可を得なければならない。


第五条  法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない。
一  引き続き五年以上日本に住所を有すること。
二  二十歳以上で本国法によつて行為能力を有すること。
三  素行が善良であること。
四  自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によつて生計を営むことができること。
五  国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によつてその国籍を失うべきこと。
六  日本国憲法 施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと。
2  法務大臣は、外国人がその意思にかかわらずその国籍を失うことができない場合において、日本国民との親族関係又は境遇につき特別の事情があると認めるときは、その者が前項第五号に掲げる条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。

第六条  次の各号の一に該当する外国人で現に日本に住所を有するものについては、法務大臣は、その者が前条第一項第一号に掲げる条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。
一  日本国民であつた者の子(養子を除く。)で引き続き三年以上日本に住所又は居所を有するもの
二  日本で生まれた者で引き続き三年以上日本に住所若しくは居所を有し、又はその父若しくは母(養父母を除く。)が日本で生まれたもの
三  引き続き十年以上日本に居所を有する者

第七条  日本国民の配偶者たる外国人で引き続き三年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するものについては、法務大臣は、その者が第五条第一項第一号及び第二号の条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から三年を経過し、かつ、引き続き一年以上日本に住所を有するものについても、同様とする。

第八条  次の各号の一に該当する外国人については、法務大臣は、その者が第五条第一項第一号、第二号及び第四号の条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。
一  日本国民の子(養子を除く。)で日本に住所を有するもの
二  日本国民の養子で引き続き一年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であつたもの
三  日本の国籍を失つた者(日本に帰化した後日本の国籍を失つた者を除く。)で日本に住所を有するもの
四  日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き三年以上日本に住所を有するもの


国籍に関する手続窓口

■ 国籍取得及び国籍離脱の届出
 (1 ) 日本に住所を有する方
   住所地を管轄する法務局・地方法務局
 (2 ) 外国に住所を有する方
   日本の在外公館

■ 帰化許可申請
   住所地を管轄する法務局・地方法務局


法務局所在地

 東京法務局        
 〒102-8285 
 千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎


 
東京法務局府中支局    
 〒183-0052 
 府中市新町2-44


 
東京法務局八王子支局   
 〒192-0364 
 八王子市南大沢2-27

 
東京法務局西多摩支局   
 〒197-0004 
 福生市南田園3-61-3

 
横浜地方法務局      
 〒231-8411 
 横浜市中区北仲通5-57横浜第二合同庁舎

 
横浜地方法務局湘南支局  
 〒251-8523 
 藤沢市辻堂神台2-2-3

 
横浜地方法務局川崎支局  
 〒210-0012 
 川崎市川崎区宮前町12-11川崎法務総合庁舎

 
横浜地方法務局横須賀支局 
 
〒238-8536
 横須賀市新港町1番地8横須賀地方合同庁舎

 
横浜地方法務局西湘二宮支局 
 
〒259-0123
 中郡二宮町二宮1240番地1 

 
横浜地方法務局厚木支局  
 〒243-0003 
 厚木市寿町3-5-1厚木法務総合庁舎

 
横浜地方法務局相模原支局 
 〒229-0036
 相模原市富士見6-10-10相模原地方合同庁舎


ご相談・ご依頼は

 

 ◆ 面談相談 ◆ 平日は20時まで、土曜日も対応できます。

 私どもは、必ずお客様とお会いし、お話をお伺いしてから受任いたします。
 ご依頼の際にはお手数ですが、ご予約の上、事務所までお越しください。

名称 行政書士みなと国際事務所
代表者   行政書士(特定行政書士) 宮本哲也
所在地

〒231-0004

神奈川県横浜市中区元浜町3丁目21番地2 ヘリオス関内ビル7F

電話 045-222-8533 (月-金 10:00~18:00)
FAX 045-222-8547 (24時間受け付け)

インターネットからの相談予約

クービック予約システムから予約する